医療機器の選定に関して

医療機関では医師や看護師や各種技師による治療が行われていますが、様々な医療機器も利用されています。
その中には注射器や包帯のような小さなものもあれば、CTスキャンやMRIのような高額な大型のものもあります。
治療や検査以外の用途に使われる用紙や筆記用具といった器材もあります。
病院やクリニックには、製薬メーカーや医療機器メーカーといった多くの業者が出入りしています。
公立病院であれば、大型や高額な案件になれば必ず入札が行われます。
入札基準には入札額の他に、病院からの様々な要望に対して実現可能かどうかを提案書で回答することになります。
私立病院では1つのメーカーに決めて随意契約となることもありますが、参入するメーカーに対して質問状や要望書が提示されて、それに対しての回答を求めることが多くなっています。
病院経営のスリム化が言われている昨今では病院経営の健全化のために、機器の導入に関して病院に有利に働くようにコンサルティング業者に委託することも増えています。

http://www.nflspain.com/
リスクの少ないキャッシングを探そう!おすすめ消費者金融ランキング

結婚への不安も
アムズブライダルがお聞きします

2chに書かれた中傷の削除代行
みなと法律事務所にご依頼ください

あなたの状況に対応する換金プラン多数あります

学習教室サクセスでは初めて塾に通うお子様のために
体験教室を開校しています